藤田化工株式会社 本文へジャンプ

ISO9001、ISO14000


2004年1月14日  ISO14001:2004 認証取得

2005年3月18日  ISO9001:2008  認証取得

経営方針

経営理念
当社、藤田化工株式会社は弱電部品、医療器具、エンジニアリング部品等に用いる精密プラスチック成型品、成形品及び自動車関連部品(内装、外装、ランプ部品 等)の製造を通じ、社会に貢献する。

お客様に供給された、商品として「社会」に普及され、使い手側である「社会」に豊かな生活をもたらすと同時に当社で産み出された製品によって企業は発展する。結果、自らの生活を向上させる為にはお客様に満足される製品を供給し続けなければならない。

当社の存在意義と発展根拠は、当社の製品、技術、環境保全活動により地域社会へ貢献することにあり、固有技術を駆使し効率的に管理運営を行い,収益を生み出し産業の発展や環境保全に寄与することももって健全な企業価値の向上に努めることにある。
我々は、お客様・地域社会及び従業員の幸福と繁栄に寄与し、皆様に信頼される企業造りを目指し、個性豊かな会社とする。


環境品質方針

1.当社の事業活動、当社の製品及びそれらの環境に与える影響を明確にする。

2.環境目的、目標を定め、当社の事業活動の継続的な改善を推進する。
 下記の事項に関する目標を設定し、マネージメントレビュー、定例社内会議を通じて見直しを行う。

@「次工程への不良撲滅(ユーザークレーム・内部部品質情報 昨年比10%削減)。」
 
A「品質安定の為の整理・整頓(工場内の2Sと帳票類の整理)

B廃棄物の減量化・昨年排出量比プラス5%以内とし再資源化を推進する。

C地域住民との共存に配慮し、地域への活動に積極的に参加し貢献活動に取り組む。
 活動として実施している「美化活動」を3回/年として計画に基づき取組を進める。

3.国・自治体の法規制及び利害関係者・業界規範など、当社が同意する要求事項を遵守するととも
 に、自主基準を定め運営管理する。

4.地域から地球規模までの広がりにおける環境汚染の予防に努める。

5.全従業員への環境に対する意識向上/顧客要求事項を満たすことの重要性を認識させる為に、教育を行い周知させると共に、基本理念として「禁止物質は社内に入れない」事とする。

6.事業活動を効果的に機能させるため、必要な資源を準備し、適正に割り当て、関係する全ての従業員が参加出来る環境を創り出す。

7.経営方針は、誰もが入手可能とする。



                                            改訂  2020年4月2日
                                                藤田化工株式会社
                                         代表取締役社長 藤田 由美子